スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラークが引き起こすこわ~い病気

ただの食べかすだと思っていませんか
むし歯・歯周病から肺炎や命の危険まで!!

歯磨きの前に、歯の表面を爪の先で軽くこすってみてください。そうしてとれた白いネバネバ、これが「プラーク」です。「歯垢(しこう)」とも呼ばれ、こちらのほうが馴染み深い方もいらっしゃるかもしれませんね。プラーク、ただの食べかすかと思いきや実は大量に繁殖した細菌の塊です。その数なんと、1mgに10億個!先ほど爪先にとれたプラークの中には、数10億の細菌が生息していることになります…。そしてこの細菌が、実はさまざまな病気の原因となっています。

saikin.jpg

歯を溶かす… 骨を溶かす…
口腔内の細菌が引き起こす病気で代表的なのが、皆さんもご存知の「むし歯」と「歯周病」。細菌が作り出す酸が歯の表面を溶かすのがむし歯。歯と歯ぐきの隙間に細菌が入り込み、歯ぐきを炎症させ、最後には歯を支える骨まで溶かしてしまうのが歯周病です。

お年寄りは要注意!
また、この号のドライマウスの解説にもあるように、細菌が誤って肺に入ってしまうと、「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」を引き起こすことがあります。体力のないお年寄りの場合には生死に関わることもありますので、十分な注意が必要です。

細菌が口の血管から全身へ
さらに、歯周病になると歯ぐきが炎症を起こして出血する可能性が非常に高まります。実は、出血した血管から細菌が入り込むことによって全身に深刻な影響を及ぼすことがあります。糖尿病の悪化、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、早産、低体重児出産など…、思いもよらない症状と関係しているのです。

細菌が繁殖する前に!
「1日3回歯磨きを」とよくいわれます。細菌が繁殖するにはおよそ8時間。1日3回しっかり磨いていれば、大量に細菌が増えてしまうこともありません。お口のケアは体全体を守ることにつながりますので、改めてしっかり取り組んでみてはいかがでしょうか?

zennsin.jpg
スポンサーサイト

麻酔が効きにくいのはどんな時?

歯科治療ではどうしても痛みが避けられないことがあります。そこでとても重要になるのが「麻酔」です。しかし、「麻酔をしたけどなかなか効かなかった」という方がいらっしゃるように効きには違いがあります。これはいったい何故なのでしょうか?

直接麻酔をしていません

意外に思われるかもしれませんが、麻酔は直接歯にしているわけではありません。歯ぐきや粘膜に麻酔薬を入れて、それが少しずつ骨の内部に浸透し、やがて歯の神経まで至ることで効き目があらわれます。つまり、右の3つのようにこの浸透の途中でなんらかの「邪魔」が入ると、麻酔の効きが悪くなってしまうのです。

一番の対処法は

下の奥歯がかなり痛み、腫れや膿がある。こんな場合は麻酔が効きにくい可能性が十分にあります。麻酔をしっかり効かせるための一番の対処法、それは、痛みや腫れがひどくなる前に早期に治療をすることです。少しでも痛みを感じたら、早目にいらしてくださいね!

麻酔が効きにくいケース
痛みがある(炎症がある)
やっかいなことに、痛みがひどい=炎症が強いほど麻酔は効きにくくなります。麻酔は周囲のph(ペーハー:酸性かアルカリ性かの度合い)によって効きが左右されますが、炎症を起こすと酸性に傾くため、麻酔が効きにくくなってしまいます。

膿や腫れがある
膿も麻酔の効きを悪くさせる原因となります。また、腫れたところや膿がたまったところに麻酔をすると、余計に腫れがひどくなって痛みが増してしまいます。

下の奥歯や骨格がしっかりしている
骨がしっかりしていると、その分麻酔が浸透しづらいため効きも悪くなります。特に下の奥歯は普通の方でも骨が厚く、麻酔が効きにくいケースが多くあります。

歯みがきの限界とデンタルフロスのススメ

歯みがきも勤勉な日本人!でも…

日本はとても勤勉な国として世界的に有名ですね。こうした国民性からか日本人の歯みがき率は非常に高く、毎日歯をみがく人は9割以上にのぼります。では、日本人はむし歯や歯周病が少ないか、といえば答えは「NO」。その理由のひとつは、多くの方が「歯みがきだけで十分」と思っていることです。実は歯みがきだけでは歯と歯の間の汚れが取れず、約4割ものプラーク(歯垢)が残ったまま。

そこで重要なのが「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」を利用した歯と歯の間のお掃除です。日本ではあまり浸透していま
せんが、実は口腔ケアの意識が高い諸外国ではこうしたケアはもはや常識。彼らは「日本人は毎日歯をみがいているのに、なぜフロスや歯間ブラシを使わないの?」と思っているかもしれません。

めざせ!プラーク除去率8割以上

フロスや歯間ブラシを使用すれば、プラークの除去率は約8割にアップ!!せっかく毎日歯みがきするのですから、ぜひこれらを併用してむし歯や歯周病のリスクを減らしましょう!特に使い方にコツのいるフロスは下の図を参考にしてやってみて下さいね。

フロス

自宅でできる 口内炎対処法

おそらく、多くの方が一度は体験している「口内炎」。食事の時はもちろん、しゃべるだけで痛かったりすると、本当にイヤですよね。とはいえ、10日前後で治ってしまいますから、「わざわざ病院に行くほどでもない…」という方が多いのでは?そこで、ご自身でできる口内炎を早く治すための対処法をご紹介したいと思います。

対処法1 まずはお口の中を清潔に!
口内炎になる原因は、口を傷つけてしまうなどのほか、ビタミン不足、ストレス、アレルギーなど、実に様々です。しかし、原因は何であったにせよ、すでに炎症を起こしているということは、お口の中の細菌が悪さをしていることに変わりはありません。ですので、まずはお口の中を清潔にし、細菌を減らすことが先決です。

とはいえ、マウスウォッシュ(洗口剤)では刺激が強すぎたり、善玉菌も減らしてしまいます。そこでおすすめなのが「生理食塩水」。毎食後、これを使って30秒程度のうがいを3回繰り返します。できれば1日5回以上行うと、より効果的です。

生理食塩水の作り方:水1リットルに食塩9グラムを混ぜて 出来上り。
※口内炎の時は『ぶくぶくうがい』が効果的です。

対処法2 塗り薬、飲み薬
さらに効果を高めるためには、市販の口内炎用の塗り薬やパッチなどもあります。また、ビタミン(B2)不足が原因の場合には飲み薬なども効果的です。ただし、いずれの場合もまずはお口の中を清潔にしておくことが大切です。

「噛ミング30」をご存じですか?

さて突然ですが、皆さんにはこんな健康願望はありますか?

✔全身の体力を向上させたい!
✔痴呆症予防のために、脳を活性化させたい!
✔ガンを予防したい!
✔胃腸の働きを良くしたい!
✔むし歯や歯周病を予防したい!
✔発音をはっきりさせたい!
✔肥満を予防したい!
✔もっとおいしく食事をしたい!

実は、これらすべてに効果があるといわれている毎日の習慣があります。
それは、「よく噛んで食べる!!」ということ。
「噛ミング30」は「1口30回以上噛んで食べる!! 」ことを推奨するキャッチフレーズです!
厚生労働省はじめ、各歯科関連団体が提唱しています。

■驚くほど噛む回数が減っている!!
下のグラフのように、現代人は弥生時代に比べわずか6分の1ほどしか噛んでいません。
よく噛むことは、口だけでなく、胃腸の消化を助けたり、脳細胞を活性化するなど、子供からお年寄りまで、すべての年代の健康に大きく関わる毎日の大切な習慣です。

kaminngu30.png


意識的に回数を増やすのはもちろん、自然に噛む回数が増えるように、噛みごたえのあるもの、材料を大きめに切って使うのもひとつのアイデアです。
ちょっとしたことですが、食事は毎日の事ですので繰り返しが健康に大きく関わってきます。
ぜひ皆さんも「1口30回」「噛ミング30 」と覚えておいてください
  • 診療時間
  • 自費診療と保険診療の違い
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院新聞
プロフィール

Author:山岡歯科医院
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。