スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーザー治療とは、どのようなものですか?

回答

レーザー治療は、麻酔、歯周病治療、歯根の治療、歯肉の黒ずみ(メラニン)の除去など様々な症例に対応でき、音や振動がなく痛みもほとんどありません。またインプラント2次手術時の歯肉切除にもよく用いられ、副作用がない・止血作用がある・縫合が不要などのメリットがあります。
またレーザー治療器は副作用がなく、妊娠中の方、高血圧の方、薬を服用中の方でも安心して治療をお受けいただける機械です。

235.jpg


以下の様な効果が期待できます

1、消炎効果(炎症を抑えます)
2、鎮痛効果(痛みを減らしたり抑えたりします)
3、殺菌・消毒効果(器具の届きにくい患部も治療できます)
4、組織の活性化作用(歯肉を健康な状態にします)
5、レーザー麻酔作用(注射液量を減らします)
6、止血効果(出血を抑えます)
7、組織の蒸散(患部をれーざーで除去します)


レーザー治療内容

1、虫歯の治療・予防(歯の表面を強化します)
2、口内炎・義歯の接触痛(痛みが和らぎます)
3、根管治療(歯の根の消毒・神経の治療)
4、止血(歯を抜いた後などの血を止めます)
5、歯ぐ肉の黒ずみ除去(メラニン色素を除去します)
6、知覚過敏処置(冷水痛を軽減させます)
7、歯周病(歯槽膿漏)の治療
8、レーザー麻酔
9顎関節症の症状緩和(あごの関節が痛む方)


レーザー治療で歯肉のくすみ(黒ずみ)の改善

メラニン色素により、歯肉の色が黒ずんでいました。
レーザー照射を上顎、下顎と2回に分けて行い、メラニンを除去。
*レーザー治療は保険外治療のため、いくらかの自己負担額をいただくことがあります。
 治療方法でご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

133.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

インプラント治療って痛くないんですか?

回答

 残念ながら全く無痛ということはありません。しかし、極力痛みや苦痛をあたえないよう最大限の努力をします。

 麻酔薬を入れる際に表面麻酔を併用することで、針をさす痛みも軽減されます。

masui1.png


 針も最も細いものを使用し、かつ注入速度も一定(電動麻酔器)にゆっくり行うことで、痛みを軽減させていきます。また、痛みは緊張されているなど、精神的な問題も多いため、できるだけリラックスできるようスタッフ一同雰囲気作りにも気を配っております。

 術後は麻酔が切れると、痛みが出る事がありますが、痛みどめを飲んでいただく為心配ありません。

 普通抜歯の痛みと変わらないと思ってもらうと分かりやすいでしょう。その痛みは、1~2日ぐらいでおさまります。

 中にはまったく痛み止めを飲まなくても大丈夫だったとおっしゃる方もおられます。



 また、歯肉を開かない方法など、手術の方法によって痛み、腫れの程度は変わります。しかし、骨の量など患者さんによって適応が変わる為、術前によく手術の方法、痛み、腫れの程度などの説明を受けておくことも大事なのです。

 そうする事で安心して治療を受けていただけます。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

ラミネートベニアってなんですか?

回答

 ラミネートベニア法とは、歯の表面に薄いセラミックのシェルを貼り付け白い歯にし、形や隙間を整えて理想的な口元にする審美歯科治療の代表的なものです。

img_104_1.jpg


 歯の表面を0.5~0.8ミリ程 薄く削り理想的な歯の色、形態のセラミックのシェルを特殊な接着剤でつけます。

 接着剤の進歩により耐久性が著しく向上し、適応も広がっています。

 また、治療の程度も小さく、治療回数も2~3回位で終了し、とても自然で美しく仕上げることができます。

CAYHN7FR.jpg

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

なぜ!キチンと歯ブラシしているのに歯周病になるのですか?

回答

 歯と歯の間や歯と歯肉の隙間など、磨くのがかなり大変なところがたくさんあります。ご自分ではしっかり磨けていると思いがちですが、実際は汚れが取れていないのが現状です。

 そして、歯石になってしまうと歯ブラシで落とすことは困難です。

 正しい磨き方やフロス・歯間ブラシなどの道具も歯科衛生士などの専門家に指導してもらう必要があります。

 それに加えて定期的に歯科医院で歯石除去を行うことが歯周病予防では大事なことです。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

歯肉が腫れることがあるのですが、しばらくすると 治ってしまいます。

回答

 歯肉が腫れたのは、炎症があるためです。

 歯周病は慢性疾患で、自覚症状がないまま進行していきます。ただ、全身的な免疫力が弱まった時などに痛みや腫れ、歯ブラシ時の出血、違和感といった自覚症状として現れやすきなります。

 初期の間はすぐに収まってしまいますが、歯周病が治った訳ではないのです。



 次第に歯周病の進行に伴って歯を支えていた骨(歯槽骨)が徐々にとけてきます。だんだん歯の動きが大きくなり、最後には抜かなくてはいけなくなります。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

  • 診療時間
  • 自費診療と保険診療の違い
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院新聞
プロフィール

山岡歯科医院

Author:山岡歯科医院
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。