スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免疫と咀嚼

赤ちゃんにとっての「噛む」

赤ちゃんが生まれて初めてロに触れるものはお乳であり、食事の最初のメニューは母乳である。もう少し経つと、これがスプーンやフォークを使ってフルコース(離乳食)を召し上がるようになる。

上顎の口蓋は、母乳を飲むのに最適なように中央がへこんでいて、お椀半分を逆さまにしたような形をしている。ちょうど、母親の乳首が上顎に深くぴったり入るように作られているのだ。母乳は、ただ乳首を吸っただけでは出にくいことが多く、赤ちゃんは上顎と舌と下顎の3つを使って乳首を噛むことで母乳を飲んでいる。

母乳、特に初乳には赤ちゃんの体を守る免疫物質が含まれているので欠かさず飲むことが必要であろう。しかし、もっと大事なことを忘れてはいないだろうか。

そう、乳首を噛んで母親の肌に直接触れることにより、初めての母との触れ合い、言葉のいらない大切な会話が始まるのである。それを行なうことにより、顔の筋肉運動から生まれる豊かな表情が育まれ、また発話のきっかけを作る役目もしている。

ストレス発散

ボクサーがリング上でロの中に入れているマウスピースをご存知だろうか。これは、殴られた時の衝撃防止のためだけにあるのではなく、殴る時に歯を食いしばる際、力を分散させるためにあると考えられる。人間、悔しい時や怒っている時などに歯を食いしばるが、これによって少しでも精神的ストレスを逃がしているのである。スポーツ選手―ロッテのバレンタイン監督など、特に野球選手がガムを噛んでいる姿をよく見かける。

筆者も小学生の時、鉛筆やキャップを噛んでいたことを思い出す。棋士や碁士がここ一発という時に、その一手を打ちながら大きく食いしばるが、十分にストレスを逃がすことができれば占めたものである。ところが、歯周病や齲歯があったり、歯並びが悪いと良く噛めないため、思ったように食いしばれない。精神安定のためにも噛むことは大切なのである。
スポンサーサイト

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

かかりつけ歯科医ってなんでしょう?

かかりつけ歯科医とは、歯科の病気の予防から健康管理、生活指導やリハビリテーションまでを含めた幅広い活動を、患者さんの一生を通じて行っていく歯科医のことを言います。

 歯科の2大疾患と言われる『むし歯』と『歯周病』は、再発しやすい病気ですので、治療が終わった後も毎日のきちんとした歯磨きと、規則正しい生活習慣、そして専門家による定期的なチェック(メンテナンス)が必要です。

 『メンテナンス』とは病状の安定を維持するための定期的な治療のことで、一般的な3か月ごとのリコール来院が望ましいとされています。

03_14.gif


 一時、健康保険診療報酬で評価を受けた時期もありましたが、現在は残念ながらはずされてしまいました。
しかし、その精神はずっとその後も受け継がれていますのでご安心ください。

 80歳で20本の歯を残そうという『8020運動』にも、かかりつけ歯科医の存在が大きく貢献しています。

 口の中の健康を末永く保つためには、あなた自身の努力と歯科医師・歯科衛生士との二人三脚が欠かせません。

 気持の通じる主治医・歯科衛生士と共に、お互い長いお付き合いをしていくことが大切ですね。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

歯っぴー通信4月号

歯が抜けたら牛乳を準備!?

 事故などで、歯に強い衝撃をうけると、歯が動くようになったり、欠けてしまったり、抜けてしまったりすることがあります。歯が抜け落ちた場合、歯を元の位置に植え直します(再植)。一般的に、歯の組織が生きているうちに元の位置に植え直すほど良いと言われていますので、できるだけ早めに歯科医院を受診しましょう!



 その際に大切なことは、「歯根膜」を乾燥させないことです!「歯根膜」とは、歯の根の周りに着いているプヨプヨしているものです。歯が抜けた場合、まずは、この「歯根膜」に触れないように歯についた汚れを水で洗い流します。そして、乾燥を防ぐために、まずは牛乳、なければ生理食塩水、もしくは口の中にいれたまま、とにかく抜けた歯を乾燥させないようにして、歯科医院に持っていくようにしましょう!また、歯が抜けるなど、特に症状がなくても、しばらくしてから症状がでることがあります。たとえ痛みがなくても、歯を打ったり、歯に衝撃を受けたりした場合には、必ず歯科医院で診てもらうようにしましょう!でもその前に、歯を打ったり、怪我をしたりしないように気をつけてくださいね!

    (参照:日本歯科医師会ホームページ)


--------------------------------------------------------------------------------


日本橋は二本の橋が起源?

 4月3日は東京の日本橋開通記念日です。これは、1911年、日本橋が木橋から石橋に架け替えられたことに由来します。初めて日本橋が架けられたのは1603年といわれています。豊臣秀吉が関八州の支配を任された徳川家康が、江戸の街づくりの中でまっ先に行ったのが日本橋川の整備と架橋でした。城下町としての日本橋に求められたのは、何よりも江戸と地方を結ぶ交通輸送路の確保です!東海道、中山道など五街道の起点と定められたことから、日本橋は交通の要衝としての役目を果たすこととなりました。以来、何度も架け替えられ、現在の石造りの日本橋は20代目となり、重要文化財に指定されています!



 日本橋は、江戸時代から現在まで日本の道路交通の中心となっており、橋の中央に国道の起点となる「日本国道路元標」が設置されています。ちなみに、交通標識でよく見かける「東京まであと○キロメートル」の『東京』は今でも日本橋を基点としているんですよ!なお、日本橋の名前の由来ですが、架橋当初は単に木二本が渡されただけの「二本橋」だったものが、橋の改修とともに「日本橋」に変わっていったという説があります。ですから、大阪の日本橋は「にっぽんばし」と呼びますが、東京の日本橋は、「にほんばし」としか呼びませんのでご注意ください!

   (参照:三井不動産ホームページ)

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

  • 診療時間
  • 自費診療と保険診療の違い
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院新聞
プロフィール

Author:山岡歯科医院
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。