スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳の活性化だけではない“噛むことの効用”

“噛むこと”で心も体もリラックスする

“よく噛む”ことは、脳の活性化につながるだけではない。咀嚼によって得られる様々な効能が、今、明らかにされつつある。
例えば、咀嚼は心身のリラックス作用を引き出す。美味しいものを食べることで、脳の報酬系(*2)が刺激され、“快情動”が引き起こされる。すると、人を心地よい気分にさせる脳内物質「β-エンドルフィン」の分泌も促されるので、リラックス作用につながる。
実際、健康な人にガムを噛んでもらい、そのときの脳波を調べてみると、リラックスしたときに観察される「α波」が増加し、イライラしたり緊張しているときに出る「β波」の低下が認められる。それは、ガムを噛み終わったあとにも持続するという。ガムなどを“噛む”効用には、ストレスを軽減し、緊張を和らげる働きもあるのだ。

よく噛んで食べれば、肥満の防止にもなり、健康増進につながる

“よく噛む”ことは、肥満の防止になることが分かっている。よく噛めば、脳の「満腹中枢」が刺激され、脳内ヒスタミン神経系が賦活されるので、食欲が抑制される。
同時に内臓脂肪が分解されて、体熱産生や放散が促進される。“よく噛んで”食事をすれば、肥満にならないということだ。

Picture2.gif


また、よく噛めば、口の中の粘膜から栄養素を吸収することも分かっている。さらに、食事をとることで上昇した血糖値を下げて正常化する作用があるので、糖尿病の治療効果を向上させたり、予防的な効能もある。
その他、〝よく噛む″ことの効用は、身体の運動機能の向上、視力低下の予防、免疫力の向上、骨粗鬆症の予防などが報告されている(図表1. 特に、よく噛むと盛んに分泌される「唾液」の効用を忘れてはいけないと、小林義典教授は語る(図表2)。
「唾液の分泌を促進すると、虫歯や歯周病の予防につながり、また、細菌の働きを抑えます。その他、食物中の発がん物質の働きを抑えたり、アレルギーに関わる抗原に加え、活性酸素を消失させます。さらに、ウイルスなどを直接攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞を増加させたり、老化を抑制しり、私たちの体にとって、大変重要な働きをしているのです。十分な唾液の分泌を促すためには、歯ごたえのある食物を一口で30秒、または30回以上よく噛む必要があります」
しかし、現在の日本では、これほど重要な「咀嚼」が、ともすれば疎かにされている。それはなぜだろう。

図表2.”よく噛んで”睡液を出すことの効用

■味覚を助長
美味しさを味わい、脳を刺激してリラックス効果を生む。

■消化・吸収を助長
消化酵素アミラーゼがデンプンを分解して消化を助ける。

■成長を助長
唾液由来のホルモンが、上皮細胞の成長や神経細胞の増殖・脳細胞の成長を促す。

■虫後や歯周病の予防
原因歯を洗い流すだけでなく、唾液に含まれるスタテリンが歯の再石灰化を促し、また歯を強くする。

■口腔粘膜の修復
食物で傷ついた口の中の粘膜を修復する。

■消化器粘膜の保護
唾液に含まれるムチンが、食べ物をオブラートのように包んで食道や胃の粘膜を保護する。

■抗菌作用
抗菌作用のある唾液中のリゾチウムやラクトフェリンなどが、細菌の働きを弱める。

■食物中の発がん物質の発がん性を抑制
唾液酵素のペルオキシダーゼが、食物中の発がん物質の発がん性を弱める。

■活性酸素の消失
唾液中のペルオキシダーゼが活性酸素を消す。

■NK細胞の増加
唾液中のラクトフェリンが、免疫細胞のNK細胞を増加させる。

■老化の抑制
唾液中のEGF(上皮成長因子)やNGF(神経成長困子)などのホルモンが、老化を抑制する。

■糖尿病予防と治療効果の向上
唾液に含まれるIGFという物質がインシュリンと同じような働きをして、糖尿病の予防と治療効果を高める。

スポンサーサイト

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

よく噛んで、アンチエイジング

〝よく噛む″ことと〝脳のリハビリ効果″の関係

歯が十分使えないと、学習・記憶能力が低下する!?

“噛むこと”の大切さを教えてくれる、面白い実験結果がある。老齢期のマウスの奥歯を削り取り、学習・記憶力を測定したところ、健全な歯を持つ老齢マウスに比べて、記憶力が5分の1ほどに低下したという。さらに、削り取った歯を治療して“よく噛める”ようにしたところ・学習・記憶力が日ごとに回復していったというのだ。また、歯を治すことで、記憶力などに重要な役割を果たす「海馬」の神経細胞も、8割方回復した。“よく噛む”ことは、脳の活性を向上させることが、この実験からも推察できる。
 人を対象にした調査でも、「歯の喪失と認知機能の関連」についてのデータが得られている。大規模な地域高齢者の健診では、認知症の疑いのある群ほど・現在残っている歯の数が少ない傾向があった。また、脳のMRI検査では、歯が少ないほど、海馬を含む側頭葉内側部や前頭・頭頂連合野領域の灰白質の容積が、減少することが分かっている。ここは記憶や空間認知、計算や思考を司る重要な場所だ。“噛む”ことが、こんなにも脳機能に影響を与えている事実に、改めて驚かされる。

よく噛むことで、脳が活性化する
 私たちは日常生活の中で"歩くこと"や“呼吸をすること”と同じ様に、無意識のうちに「咀嚼」を行っている。しかし、食物を歯で噛み砕いて、唾液を混ぜて飲み込みやすくするという行為は、下あごの動きや唾液の分泌、舌をうまく使うなど、極めて複雑な運動の組合せで行われているのだ。
 日本咀嚼学会理事長の小林義典日本歯科大学教授は、「咀嚼によって、機械受容(※1)、味、臭、温度などの三又神経を介した強い感覚入力が脳の広い範囲に及び、脳が活性化されます」と、咀嚼の果たす役割を次のように説明する。
 まず、脳の網様体に入力力されると、情動や記憶に関わる覚醒作用を生み、人間としての行動的な覚醒作用につながる。
つまり、中高年以上では“よく噛む”とで、「脳のリハビリテーション効果」が期待できる。また、高齢者では、寝たきり状態にならない予防効果があるそうだ。
 さらに、大脳皮質に入力されると、情動や記憶に関わる領域にも入力される。例えば、幼稚園児や小学生、大学生に1日目に3~4回、各10~15分間、毎日ガムを噛むことを2週間以上やらせると、テストの成績が上がっていくという′幼稚園児や小学生では、十分な咀嚼と知能指数との間に、相関が認められている。
「脳の活性化を表す脳血流の増加は、咀嚼によって確認されています。私たちが行った脳血流分析システムを応用した研究では、咀嚼は手や指の運動よりも脳血流を増加させ、また、硬い食物の方が柔らかい食物よりも効果のあることが分かりました。ですから、「歯ごたえのある食物を食事に取り入れてよく噛むこと」は、脳の活性化に極めて重要であると言えます。
 ちなみに、姿勢も重要で、寝たままあるいはリクライニング状態では、脳の活性化が望めません。少なくとも上半身を真っすぐに姿勢を正して、咀嚼しなければなりません」(小林義典教授)

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

お口の元気度

最近何となく、かたいものが咬みづらい。食べ物を飲み込みにくい気がする。・・・そんな不安はないでしょうか?食べ物をのどに詰まらせて亡くなる事故は年間約4千件起きています。その多くは高齢者の方々です。かんだり、のみこんだり、口の機能は加齢とともに気付かないうちに徐々に低下します。
このほど札幌市の西円病院の藤本篤士歯科診療部長と、財団法人ライオンしか衛生研究所(東京都墨田区)、新潟大、日本歯科大の研究グループは、食べ物を口に入れてからのみこむまでの口腔機能を、「口のまわり」「かむ力(咀嚼機能)」「のみこむ力(嚥下機能)」「口の清潔さ」という4つに整理しました。これまでに提案され、実施されている様々な検査法を検討して、「口の元気度」を総合的に評価する方法を考えました。
1.指2本分以上、口を大きく開くことができる
2.左右のほおを片方ずつ膨らませられる
3.酢だこやスルメをそのままかんで食べられる
4.半年前も今も、かたいものがよくかめる
5.半年前も今も、食べ物を普通にのみこめる
6.30秒間に3回以上唾液をのみこめる
7.5秒間に「タタタ・・・・」と24回以上言える
8.5秒間に「カカカ・・・・」と24回以上言える
9.1日3回以上歯を磨く
10.口の中が乾燥して、夜、目が覚めることはない

1、2は口のまわり、3、4はかむ力、5~8はのみこむ力、9、10は口の清潔さをチェックする質問です。7の「タ」は舌の前方、8の「カ」は舌の後方の動きに関係があります。紙とボールペンを用意して2人1組で紙の上に点を打って数えあってみましょう。答えが全部「はい」なら口はとても元気。「はい」が少なかったところは改善プログラムに取り組みましょう。

自分の弱点がわかったら改善に取り組みましょう。
<改善策>
口のまわりは積極的にほおや唇を動かすこと。歌が好きな人はカラオケ、ハーモニカなど楽器の演奏もよい。吹き矢、ダーツ、風船artなど、楽しみながらするのが続けるコツ。ほかに顔ジャンケンも効果的です。

咀嚼機能は意識的にかんだり、唾液腺をマッサージするのが効果的。唾液腺マッサージは上の奥歯のあたりの耳下腺や、あごの下にある舌下腺を5~10回、親指でやさしく押して刺激するとよい。

嚥下機能の向上には、舌を出したまま唾液をのみこむ、首や腰に痛みがない人は、仰向けに寝て頭を少し上げ、つま先を見る体操をするなどが有効です。

口の清潔さを保つには、義歯の手入れや、舌、粘膜などの掃除をこまめにします。

実際に約70人の高齢者に上記のプログラムに取り組んでもらったところ、3ヵ月後には、かむ力、のみこむ力などそれぞれで改善が確認できたという。

朝日新聞3月24日号より抜粋

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

歯っぴー通信6月号

小中学生の4割が歯肉炎!

 歯肉炎とは歯ぐきが赤くはれたり、歯磨きのときに出血したりする症状をいいます。大人から子供まで症状が出るものですが、小中学生の4割が歯肉炎というデーターがあります。歯肉炎の原因のひとつには、歯磨きの不十分さがあげられます。小学生は、歯の生え変わり時期にあたり、歯磨きが難しく磨き残しによる歯垢がたまりやすいといわれています。

 中学生の歯肉炎は、ホルモンが大きく変化する第2成長期にあたるため、ホルモンバランスの変化により、歯ぐきの炎症が起きやすくなるのが原因と考えられ、思春期性歯肉炎ともいわれます。これと同じ理由で、妊娠中もホルモンバランスが乱れるため、妊娠性歯肉炎になりやすいといわれていますから注意が必要ですね!

 歯肉炎の予防方法としては、まずは正しい歯磨きです。ご自身のブラッシングやお子様のブラッシングに自信のない方は、一度歯科医院で正しいブラッシングを指導してもらいましょう!また、ブラッシングだけでは取り除けない歯垢には、デンタルリンスやデンタルフロスをあわせて用いることをお勧めします!

               (参照:花王クリアクリーンホームページ)

--------------------------------------------------------------------------------

長靴型のグラスで乾杯しよう!

 雨が続く季節は傘と長靴が活躍しますね!長靴というと、子供のイメージがありますが、最近ではレインブーツと呼ばれるオシャレな長靴が若い女性の間では人気となっています!さて、雨の日以外にも長靴が活躍する機会がありますが、どんなシチュエーションかお分かりになりますか?

 それはビールを飲む時です!これまでに長靴型のビールグラスを目にされたことはありませんか?中には長靴型のビールグラスで実際にビールを飲まれた経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、なぜ、ビールグラスが長靴型をしているのかご存じですか?それは、約300年前、ドイツ領ザクセン(現在のマイセン)の国王アウグスト2世が自分の履いていた長靴にビールを注ぎ、それを飲み干した家来に褒美を与えたことが始まりだそうです!

 その後、兵士たちが戦勝を祝うときに長靴にビールを注いで、回し飲みをして乾杯するようになりました。ビールが残り少なくなると、つま先にたまった空気の影響でビールが顔にカポっと跳ね返ることがあり、そのビールを浴びた人はラッキーな人として賛美されたそうです。この話が世間に伝わり、長靴型のグラスでビールを飲むことが拡がりました。雨の季節が終われば、冷えたビールの美味しい季節の到来です!今年は長靴型のグラスでいかがですか?

              (参照:サッポロビールホームページ)

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

  • 診療時間
  • 自費診療と保険診療の違い
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院新聞
プロフィール

Author:山岡歯科医院
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。