スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唾液が減ると口臭が強くなる?

唾液、つば、よだれ - いろんな呼び名があるけれど、もとは一緒。口の中に分泌される、あの液体です。

 “汚いもの”として抜われがちですが、実はお口の臭いを抑えるのに大事な働きをしています。
唾液をいっぱい出すには、よく噛むこと。それが、口の中をキレイに保つ基本なのです。

人間の体が外に向かって分泌する液体は、尿、涙、汗など色々とあるけれど、その中で感覚的に最も嫌われているのが、「唾液」かもしれない「唾棄(だき)」(つばを吐き捨てるように、捨てて顧みないこと:広辞苑第六版)なんて言葉もあるぐらいだし。

でも、同じ液体が“よだれ”になると、「垂涎(すいぜん)」(あるものを非常に強くほしがること:同)などという表現になるわけで、これならそんなに嫌な感じはしないかも。まあ文学的な意味づけはさておき、体が働くうえでは、唾液は何をしているのだろう。今月はこのテーマを探っていこう。

ガイド役は、東京歯科大学教授の角川正健さん。大学病院で口臭外来を受け持つ、口臭対策の専門家だ。「唾液が1日にどのくらい作られるか知っていますか?」と角川さんは話し始めた。答えはなんと1.5リットルだという。 全部集めると、500mlペットボトル3本分!実はこの量、1日に作られる尿の量とほぼ同じだというからちょっと驚きだ。
もっとも、尿は体外へ排泄されるのに対して、唾液は大部分飲み込んで回収されるので、水分のロスははるかに少ない。

唾液を作るのは、口のまわりにある三つの唾液腺。ものを食べたりおしゃべりをすると、ここから大量の唾液が出てくる。3つもあるけれど、どこから出る唾液でも中身はほぼ同じだ。
1.5リットルという量は平均値。かなり個人差があります。一般に若い人ほど量が多く、年をとるほど減少する。ストレスや、糖尿病のような病気の影響で減ることもある。

日常生活の中で、唾液量に大きな影響を与えるのが、食事。もう少し正確にいうと「よく噛むこと」だ。
「3度の食事でしっかり噛むのが、十分な唾液を出す要件。食事をちゃんとしていなかったり、ろくに噛まずにのみ込んでいると、分泌量が減ります。

daeki-thumbnail2.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

どんどん細くなる日本人の“あご”は大丈夫か?

若者のあごの細さに驚愕

電車のなかで何気なく目にした中刷り広告の写真に、思わず息をのんだ。あるテレビ番組の宣伝ポスターで、いわゆるジャニーズ系のさわやかな青年2人が並んで写っている。その2人の〝あご″のあまりの細さにびっくりしたのだ。面長な顔のアゴは尖って、まるでアイスクリームコーンのようだ。

01a.jpg


昨今の若者の顔が何か頼りなげに見える、と前々から気にはなっていたが、その原因はこの細い尖ったあごにあったのか。がっしりとエラの張った大きな顔よりも、細くて長い〝小顔〟は今時のトレンドだし、見栄えもよいことは認める。しかし、日本人の顔は、このままの〝進化〟で果たしていいのだろうか。

日本人の〝未来の顔″に不安

「日本顔学会」というユニークな学会がある。そこに所属する研究者たちの予測によると、遠からず日本人の顔は、「あごが極端に尖った細い二等辺三角形」のようになるという。現代日本人の顔は、1万年以上前から日本列島に住んでいた縄文人と、2000年前に大陸から渡来した弥生人が混ざり合って形成されている。その変化の過程を延長していくと、〝未来の顔〟が出現する。その顔がかなり問題なのだ。

あごが細くなりすぎると、上下32本の歯が生えるスペースが確保できなくなる。そのため、歯並びがデコボコになったり、生えるべき場所に生えず、横に飛び出したりという不都合が起こってくる。また、下あごの骨が伸びすぎると、下の歯が前に出てしまう不正な咬合、いわゆる受け口も起こりやすい。

かくもあごが細くなってきたのは、やはり日常生活で、「ものをきちんと噛む」ということを、疎かにしてきたからだ。あごの骨も、体の他の骨と同様に、鍛えれぱ頑丈になる。今からでも遅くはない。日本人のあごの将来のためには、子どもたちには干物やたくわんなど硬い食物をパリパリと食べさせて、咀嚼筋を鍛えてあげたい。そうすれば、日本人のあごは少しは守られるだろう。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

インプラント矯正

インプラント矯正とは、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、矯正用につくられたインプラント体を顎骨に埋め込み、これを固定源として、従来の矯正治療では困難であった歯牙移動を可能とする治療方法とされている。

治療期間の短縮や、いわゆる「アゴ切り」と呼ばれる顎離断手術等の外科的治療が必要とされたケースに使用される。

治療期間が一般的歯列矯正より短く、一般的に外科手術が適応の症例においても手術なしで行うなど、抜かない治療の幅が広がるメリットがある。

口腔内に歯列矯正用インプラント材料を埋入する必要があるが、インプラント専門医から見ると、その手術自体はそれほど難症例ではない。 一番のポイントは、固定源としてどれだけの荷重に耐え、どれだけの期間、顎骨と親和性を保たれるかという点だ。

この荷重の予測が、一般のインプラントとは異なる三次元的な荷重であるところがインプラント矯正(矯正用インプラント)の大きな特徴だ。

また矯正用インプラントとは言え、一般のインプラントと侵襲(整体への影響度)や手術の滅菌レベルが異なるわけではないので、十分な症例数を持つ専門医を選ぶ必要がある。

国内ではICOI日本支部などの学会にインプラント矯正専門医の認定コースがある。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

歯っぴー通信10月号

仏師が削る木製の入れ歯!

10月8日は、「い(1)れ(0)歯(8)」の語呂合わせから、「入れ歯の日」です。全国保険医団体連合会によって制定されました。日本における入れ歯の歴史は古く、17世紀初め、江戸時代の徳川家康が入れ歯を使用していたと伝記に記されています。ヨーロッパで現在のような入れ歯が考案されたのは、、19世紀の初めだといわれていますから、日本は約200年も進んでいたのです!ではその当時の日本の入れ歯とはどのようなものだったのでしょうか。

当時の入れ歯は木製で、木の実から抽出された木ロウで型を取り、ツゲの木を削って入れ歯の土台を作っていました。ツゲといえば、クシの材料でもお馴染みのように、精密で硬く、また抗菌作用があることから、土台としては最適だったのです。土台の前歯部分には、自分や他人の歯を絹糸でくくり付け、奥歯部分には金属の釘を打ちつけよく噛めるようにしてあり、見た目は現在の入れ歯にそっくりだったそうです。ちなみに当時、ツゲの木を削っていたのは、仏像を作る仏師でした。彼らが、殿様や身分の高い人のために、ツゲの木を削って入れ歯を作っていたとのことですから、何とも有難いお話ですね!
               (参照:日本歯科医師会ホームページ)

--------------------------------------------------------------------------------

牡蠣は正しく選んで食そう!

秋から冬にかけて旬を迎える食材のひとつに、牡蠣があげられます。牡蠣は美味しいだけではなく、”海のミルク”と例えられるように、たんぱく質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、様々な栄養素が含まれていますから、これらの時期、ぜひとも食したい一品ですね!さて、牡蠣をスーパーなどでお買い求めになる際、「生食用」、「加熱用」のどちらを購入しようかと迷われた経験はありませんか?2つの違いを”新鮮さ”と勘違いされている方もいらっしゃるようですが、実は「生食用」は水揚げされてから、2~3日、紫外線で殺菌作業をしてから出荷されているのに対し、「加熱用」は水揚げされてすぐに出荷されています。つまり、「加熱用」の方が新鮮なのです!

では、この2つの違いは何でしょうか?それは、保健所が定める指定海域の違いです。「生食用」は、プランクトンが少ない指定海域内で獲れた牡蠣に対して、「加熱用」はプランクトンが豊富な指定海域外で獲れた牡蠣です。つまり、「加熱用」の方が、エサとなるプランクトンが豊富な分、旨み成分が「生食用」より豊富なのです。ですから、、新鮮そうだからと、加熱調理する際も「生食用」を購入されたりせず、加熱料理をする際は、きちんと「加熱用」の牡蠣を、生で食する場合は「生食用」の牡蠣を、それぞれ購入し、より美味しく旬の牡蠣を食しましょう!
               (参照:日本オイスター協会ホームページ)

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

  • 診療時間
  • 自費診療と保険診療の違い
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院新聞
プロフィール

Author:山岡歯科医院
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。