スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬品副作用被害救済制度をご存知ですか?

お薬には副作用がつきものです。正しく処方され、正しい容量で服用されても、何万分の1のとても低い確率ですが、不運にも副作用が出てしまいます。どのお薬にも副作用があり、「薬疹がでた」という程度のものから、呼吸困難におちいり生命の危険にさらされるものまであります。薬疹で「皮膚に赤いポッポッができた」という話を聞かれたことがあると思いますが、きつい症状になると、口のなか、目のなか、のどなど身体中の粘膜がただれ、のどのただれが原因で呼吸ができなくなり、無酸素脳症をひきおこしてしまった事例も知っています。主たる薬といっしょに胃薬が処方されるのは、薬から胃や消化器の粘膜を守るためなのです。

image-mayb-thumbnail2.jpg


製薬会社の製造法に問題があったり、医師が処方をまちがえたり、薬剤師が調剤をまちがえたのなら、訴訟問題です。しかし万分の1の確率で出現する副作用はさけて通れない問題です。それでは患者さんは弱り目にたたり目になってしまいます。

そこで政府と製薬会社がファンドをたちあげて、被害者の救済をしています。それが「医薬品副作用被害救済制度というものです。救済の対象は、医療機関や薬局でもらった薬と薬店で購入した売薬で、入院治療が必要となった副作用被害に限られています。入院に伴う①医療費をはじめ、②医療手当、そして最悪の場合の障害補償、遺族補償まで整っています。①医療費については医療保険の自己負担分の保障してくれます。
そして入院に伴う医療費以外の費用負担分として②医療手当も支給されます。
投与したお医者さんや製薬会社を訴えるものではなく、正しい処方によっても生じてしまう副作用被害者の救済なのです。最近では売薬の外箱に「副作用被害救済制度」の連絡先(フリーダイヤル0120-149-931)が記載されてあるものもあります。その場合はその売薬も救済制度の対象になっているということです。もちろん薬の量や服用方法を正しく守っている場合の救済制度であることは当然のことです。この制度はあまりにも国民の皆さんに知られていません。それは医療関係者でもこの制度を熟知していないためと考えられます。入院しなければならないほどの副作用被害が起こった時はこの制度のことを思い出してください。

手続きとして、お薬を出したお医者さんの「投薬証明」(薬局の「販売征明」)と副作用の治療にあたったお医者さんの「治療証明」が必要となります。この制度を運営している「医薬品医療機器総合機構」に所定の用紙を請求することから始まります。「あの医者のせいでこうなった」と嫌な思いを残すだけにしないで副作用被害治療の費用はきちんと請求することができると覚えておきましょう。

またかかりつけ薬局の薬剤師さんに、この何制度のことをご存知かどうかおたずねしていっしょに勉強するのもよいかもしれません。

詳しくは「医薬品医療機器総合機構」のホームページをご覧ください。

http://www.pmda.go.jp/
スポンサーサイト

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

有名ブロガーによる金属アレルギー体験記

口のなかに金属の詰めものをしている人も多いと思いますが、歯科治療で使われた金属がもとでアレルギーが起こることを「歯科金属アレルギー」といいます。

皮膚などのアレルギー症状で、原因が口のなかの金属が原因だと思う人は少ないかもしれません。歯科医院でも口のなかの金属がアレルギーを起こすことを意識していないケースもあります。このため歯科金属アレルギーとはわからないことが多い思います。

このような問題に対処するため、ノンメタル治療と呼ばれる治療方法が、金属を使わない歯科材料に置き換えていく身体に優しい歯科治療として、最近、雑誌やマスコミで話題になっています。

歯科金属アレルギーでは、すぐにアレルギー反応が出るとは限らず、金属を詰めたてから数十年経って、急に症状が出ることもあります。症状が出ないまま、知らないうちに慢性化している危険性もあります。

歯科用の金属は一種類とは限りませんので、皆さんのお口の中を鏡で見てみると、色々の色の金属があり、何種類の金属が入っているのか良くわからないと思います。

このように色が違う金属があるということは、種類の違う金属が口のなかにあるということで、これらが相互に接触することで電流が発生し金属が溶解すると言われています。

有名ブロガーさんで、実際の金属アレルギー体験記を書かれている夢荘ブログを見つけましたので紹介します。

http://homepage.mac.com/yumesou/allergy.html

夢荘ブログさんは、発病の2004年3月から、2004年7月26日に全ての歯科金属除去して、完治したと思われる2005年2月頃までの経過を克明に記録されています。

以下、夢荘ブログから引用

「恐ろしい歯科金属アレルギーを経験して」

「口の中の金属の影響が、手や顔に出るとは思いませんでした。素人が思わないばかりか、皮膚科医も、良く知らないようです。」

だから皮膚科ではステロイド剤を処方する程度。原因を絶たないで、対処療法をするのですから、良くなる訳がありません。むしろステロイド剤の副作用が恐くなります。

(中略)

でも、原因を突き止めて、きちんと対応すれば治る病気です。完治した者が、患者の立場で記録したのがこのページです。医師でも医療関係者でも有りませんので、誤解や偏見も有ると思います。しかし、自らの経験を実況中継的に記録することで、同じような悩みを持った方の、お役に立てれば幸いです。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

歯っぴー通信1月号

朝ごはん前にうがいの新習慣!

 朝起きたて一番初めにすることは何ですか?という質問には、「顔を洗う」と答える方が多いのではないでしょうか。では次に、朝の歯磨きはどのタイミングにされますか?という質問には、「朝ごはんを食べた後」と答える方がほとんどだと思います。しかし、寝起きのお口の中は、汚れでいっぱいなのをご存じでしょうか>

 その理由は、唾液の分泌量に関係しています。そもそも唾液には、食べ物を消化する作用、虫歯を防ぐ再石灰化作用、お口の中を中性に保つ緩衝作用など大切な役割があります。しかし、寝ている間は、唾液の分泌量が低下するため、それらの役割も作用せず、歯周病菌など、汚れの原因となる菌が繁殖しやすくなります。そのため、寝起きのお口の中は、繁殖した菌でいっぱいになり、汚れているという訳です。朝起きてすぐに朝ごはんを食べるということは、お口の中の汚れも一緒に食べているということになってしまいます。ですから、これからは朝一番に、「顔を洗う」のと同じように、「お口も洗う」、つまりうがいもするようにしましょう!うがいは、お水でも構いませんが、念を入れる方は、市販のデンタルリンスもオススメです!

                 参照:サンスター「GUM」ホームページ

--------------------------------------------------------------------------------

今年の干支トラのアレコレ

 今年の干支はトラです。動物のトラは言うまでもなく、阪神タイガース、タイガーマスク、タイガーウッズなどのスポーツ界のヒーローを思い浮かべる方、人情味あふれる下町のヒーロー「男はつらいよ」シリーズの車虎次郎ことフーテンの寅さんを思い浮かべる方などさまざまではないでしょうか。動物のトラの起源は古く、100万年以上前にさかのぼります。当時、東アフリカには大型のネコ類が生息していました。それが進化し、ヒョウ類からライオンへの進化経路の中間段階で、出現したのがトラだと考えられています。祖先に共通するトラとライオンですが、トラ独特の黒いしま模様から両者を見間違えることはないでしょう。しかし、骨格や頭の骨になると、両者は驚くほど似ていて、ちょっと見ただけでは判断できないそうですよ。

 次にトラの語源ですが、人里離れた所にすむため、「とおらか(遠らか)」からトラになった、恐ろしくて「とらえ(捕え)られぬ」からトラになったなど諸説あります。ちなみに英語のタイガー(tiger)の語源は、歴史で有名なチグリス川(tigris)が語源だと一説ではいわれています。「tigris」という単語には「素早い」という意味があり、チグリス川は上流が急流であるためその名がつけられ、トラはその動きが素早いことから、タイガー(tiger)とよばれるようになったそうです。チグリス川同様、時間の流れも素早いものです。どうぞ充実した1年をお過ごしください! 

          参照: 「百分の一科事典トラ」・スタジオ・ニッポニカ編・小学館文庫

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

  • 診療時間
  • 自費診療と保険診療の違い
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院新聞
プロフィール

山岡歯科医院

Author:山岡歯科医院
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。