スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活習慣病予防に関するお勧めサイト

生活習慣病予防に関するお勧めサイト、e-ヘルスネットをご存知ですか??

厚生労働省の提供するe-ヘルスネットは、生活習慣病予防に関する健康増進総合支援システムです。ホームページによれば、同ネットは「健康づくりに役立つ情報や、自分で出来る健康状態チェック、高齢者の医療の確保に関する法律に基づく特定保健指導を行うためのコンテンツを提供するサイト」ということです。

http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/ 

ここ数年、ネット上には情報が氾濫しており、どの情報が正しく、どの情報が不正確なのかを判断するのがとても大変になってきました。このような状況下では、私たち開業歯科医師や歯科医師会、あるいは大学や研究機関、8020財団などの公的機関、厚生労働省などからの情報提供の重要性が、従来にも増して大切となって来ています。そう言った意味で、このお役立ち情報コーナーでは、私たちが実際にネット上を調べて、安心出来る・信頼出来るサイトのしょうかいも行っていきたいと思っています。

今回ご紹介するe-ヘルスネットは、2008年4月にオープンした「健康づくりに役立つ情報サイト」です。

正式には、厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室健康情報管理係という、なが~い名前のお役所が管理しているもので、同ホームページによれば、

生活習慣病予防に関する科学的知見に基づく正しい情報の発信
自分で出来る内臓脂肪削減のための健康状態チェック機能
特定保健指導を行うための管理プログラム(医療保険者・事業者の方)
積極的支援対象者と支援者で行う双方向支援ツール


という位置づけになっています。
ここからもわかるように、ネットを利用したメタボ対策サポートシステムで、なかなか良く出来たサイトです。

生活習慣の改善が必要だと診断された方は、専門家(医師、保健師、管理栄養士など)による保健指導を受け、各自の加入する健康保険からIDとパスワードを発行してもらい、同サイトの「メタボリック症候群改善サービス」などを利用するという仕組みです。
このようなシステム以外にも、同サイトの「情報提供」の便利さは特筆ものです。サイト案内によれば、

厚生労働省が一般の方を対象に正しい健康情報をわかりやすく提供するために開設したサイトです。毎日の生活習慣を見直すためのヒントになる情報を、各分野の専門家がお届けします。

とあり、「健康用語の意味を調べる用語辞典としてもご利用ください」との厚生労働省のお墨付きサイトです。

これからはWikipediaやAllAboutなどだけでなく、こういう専門の用語辞典サイトがどんどん充実してほしいものですね。なにしろgo.jpですから、安心ですね。 (http://www.nic.ad.jp/ja/dom/types.html
スポンサーサイト

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

小児歯科専門の歯科医院はどれくらいあるのでしょうか。

全国で歯科医院は7万医院位あります。直近の統計では歯科医師の総数は10万人を越え、巷では過密とか歯科医師・冬の時代などと言われています。

一方で、一部専門家からは専門医不足が指摘されており、単に歯科医師数の充足だけを目的としてきた厚生労働省や文科省のこれまでの政策が壁にぶつかっているのは明らかです。不足が指摘されているのは「小児歯科専門医」です。前回のこのコーナーでも説明しましたように、小児歯科というのは高度に専門的な分野です。

もちろん、お誕生から18歳くらいまでの全ての子供達が小児歯科専門医の治療が必要ということではありません。ただ、適切な時期に小児歯科専門医の治療を受けていれば、その後の歯列咬合の発育や、治療の必要度が大きく変わっていたであろう症例は数多くあると指摘する開業医もいます。

実際には、ご自分のお子さんの歯並びや咬み合わせの程度や歯科治療の必要性が、専門医に診てもらうべきレベルなのか、そうでないかの判断はできません。近くのかかりつけ歯科医院で診てもらうのが一般的で、必要に応じて専門医を紹介してもらえば良いのです。

最近ではセカンドオピニオンの考え方も広く浸透してきましたので、かかりつけ歯科医の説明でわからない場合には専門医の意見を聞くことも可能です。インターネット全盛の現代では、医療機関を探すなどの場合、YahooやGoogleで検索するのが一般的になっています。まして小児歯科を探す30代~40代のお母様方は、最もネットを多用する世代でもあります。ところがネットでは情報が氾濫していて、普通に調べただけでは正確な情報には辿り着けません。中には大学を卒業してから4~5年位で「○○専門」とか「△△の第一人者」と謳っているホームページも散見されます。

では自分のお子様に合った小児歯科専門医を探すにはどうすれば良いのでしょうか。

多くのお母様方が検索する代表的なサイトはNTTのiタウンページhttp://itp.ne.jp/、あるいは児童向け教材や通信教育で有名なベネッセが運営するウイメンズパークなどがあります。http://women.benesse.ne.jp/ 

これらのサイトで「東京都の小児歯科」と検索してみると、iタウンページでは2971件、大阪府では2000件位です。全国では3万件位あるようです。この数字は「小児歯科」を標榜している歯科医院の数です。

これをウイメンズパークで調べてみると、東京都で890件、大阪府で650件となり、全国で7500医院が登録されています。登録基準は明記されていませんが、その信頼性はインターネットの世界では定評があります。

さらに最も確実で正確な情報源である日本小児歯科学会認定医名簿では、小児歯科専門医は全国で500名しか登録されていません。http://www.jspd.or.jp/ 

多くの学会のホームページが専門医の名簿を掲載していますが、その多くは検索の便利さという点では、他の商用サイトに比べて劣っていると言わざるを得ませんが、本学会のホームページでは、かなり詳細な情報を丁寧に掲載してあります。このように、単に「小児歯科」と検索しただけで得られる情報には色々な分類があると言うことを、良く知る必要がありそうですね。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

食べ過ぎと噛む関係

皆さんの中に寝正月で食べ過ぎた方、おられますか?お正月に限らず食べ過ぎないようにと思いつつ食べ過ぎてしまう理由は何でしょう。

食事の時間になると、自然とお腹が空きます。これは胃が空っぽの状態にあるとホルモンが分泌され、また肝臓から糖や脂肪が不足しているという情報が送られることで、脳の中の『視床下部』と呼ばれる中枢に「食べたい」という衝動を起こさせます。これにより脳の中で摂食行動が起きます。お腹が満たされると、胃からのホルモンの分泌が減り、肝臓から満腹信号が送られ、食べるのをやめていきます。

20110107a.jpg

食欲の調節がうまく機能していれば食べ過ぎたりすることはないように思われます。しかし、いくつかの要因により調節がうまくいかず食べ過ぎてしまうようです。

その一因として、ファーストフードやスナック菓子などの高カロリーの食品が、食べたいときに簡単に手に入るようになったことが大きいと考えられます。人類の歴史を考えると、効率よくエネルギーを摂取し、食べ物が手に入らないときに備えて脂肪を蓄積しやすい、つまり太りやすい体質のほうが生き延び易かったと考えられます。こういう体質の人は満腹信号への反応が弱く、食べ続けてしまいます。

一方で、楽しいことがあるときにまたそのことを感じたいという「やる気」に関係する神経伝達物質の「ドーパミン」も、食欲の調節に関わることがわかってきました。麻薬などの薬物依存症では、快楽を求めて薬物を欲する「やる気」が強くなりすぎてやめられなくなります。
高カロリーの食品を食べ過ぎると薬物依存症のように、食べることがやめられなくなってしまいます。

このような症状に陥らないためには、正しい食習慣を身に付けることが重要です。よく噛むことで満腹感が得られやすく、食べ過ぎを防止するといわれています。よく噛むことで食事に時間がかかり、食べ過ぎる前に満腹信号が脳に届きます。是非よく噛んで下さいね。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

小児歯科って、何歳から何歳まで?

最近の歯科医院の看板って、「歯科・口腔外科・小児歯科・矯正歯科」とかたくさん書いてあるところもあれば、「矯正歯科専門」みたいに、ひとつしか書いていないところもあるのにお気付きでしょうか。

これは「標榜科」と呼ばれているもので、表示してよい診療科は、医療法第70条、医療法施行令第5条の11で医科34科・歯科4科の、合わせて38科に限られています。内科、皮膚科、歯科、矯正歯科といった形でそれぞれの歯科医院が都道府県に届出をし、看板や電話帳などに記載することが許可されます。

従って2007年の医療法の改正で、下記の引用のように「インプラント治療を行っている」旨の広告は解禁されましたが、「インプラント科」という標榜は出来ません。(厚生労働省医療広告ガイドラインに関するQ&A)


Q2-4 歯科用インプラントによる治療については、広告可能でしょうか。
A2-4 「自由診療のうち薬事法の承認又は認証を得た医療機器を用いる検査、手術、その他の治療の方法」として、我が国の薬事法上の医療機器として承認されたインプラントを使用する治療の場合には、公的医療保険が適用されない旨と治療に掛かる費用が併記されていれば、広告可能です。


さて、本題の小児歯科ですが、患者さんから「以前、小児科に通えるのは中学生までと聞いたことがあるのですが、小児歯科は何歳まで通えるのでしょうか??」とご質問を頂いたことがあります。

標榜科として「歯科」のみを掲げている医院でも、殆どの場合は小児でも老人でも診ています。

ある医院のホームページでは、「歯の萌えはじめから、永久歯にはえかわるまでを原則としています。大体、生後6ヶ月くらいから、高校生ぐらいまででしょうか。赤ちゃんの口の中全般も診ます。お子さまの、口の中の事なら何でもOKです。」と書かれています。

一方では「小児歯科矯正歯科口腔外科と同じように、高度に専門的な分野なので、当院では小児の治療は小児歯科専門医に紹介しております」という方針の歯科医院もあります。

では、実際に小児歯科の適応年齢とは何歳までかと言いますと、小児科(医科)では16歳未満ですが、小児歯科は18歳頃までと言われています。18歳頃と言うのは「親知らず」の萌出年齢にあたり、この頃には歯並びや咬み合わせが完成し「子供」ではなくなるというように考えます。

いつものようにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で「小児歯科」を調べてみると、

小児歯科とは、一般に成人に至るまでの患者を担当する歯科のことである。病院、歯科医院によっては、18歳までの患者の場合もある。小児歯科では、成長発育に関する知識はもとより、親への歯科指導などコミュニケーションと行動科学に重きを置かれる診療科でもある。

と書かれています。

この説明からすると、なんだか「小児歯科は高度に専門的な分野」って感じで、面倒でも専門医を探さなくてはならないようですね。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

技工士だより  入れ歯を笑うな! 

私はテレビを観て、不快に感じることがあります。「入れ歯」が笑いの対象として扱われていることです。
 特にバラエティー番組などで、誰かが実は入れ歯だったなどの暴露話や、コントで入れ歯がはずれて、言葉が「フガフガ」となることなど‥ 歯を失うと、ブリッジや入れ歯などで、その部分を補う治療が必要です。その際、色いろ検討した結果、入れ歯が最良と判断された患者さんが、「入れ歯はイヤ、ブリッジにして」と言われることはよくあることです。
 確かにブリッジのほうが違和感も少なく、快適なのはわかります。しかしそれに加えて、入れ歯は恥ずかしいとおっしゃる方も少なくありません。テレビなどの影響も少なからずあるのではないでしょうか。
 入れ歯は、疾病に対しての治療法の一つで、決して笑われるものであってはなりません。一部のお笑いタレントの影響で、最良の治療法を選択するのをためらうというのはいかがなものでしょうか。 テレビタレントも、少し考えていただきたいものです。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

歯っぴー通信9月号

噛みしめでリラックス効果!

 強い噛みしめが続くと、歯に亀裂が生じることがあります。歯の頭の部分に亀裂が生じると、歯が欠ける原因や、亀裂に細菌が入り込むことで虫歯の原因になりますので注意が必要です。しかし、この「噛みしめ」も、頻繁に強い力で行ったりしなければ、リラックス効果があるのをご存じでしょうか。「噛みしめ」を弱い力で、そして少ない頻度で行えばリラックス効果が得られます。

 唾液中に分泌されるストレスホルモンを分析したところ、1分間の「軽い噛みしめ」を3回行うと、優意に精神的ストレスが軽減されました。また、「噛みしめ」によって、全身の筋力を瞬間的に増強させる効果もあるようです。さらに、食物を噛み砕く「咀嚼(そしゃく)」にもリラックス効果があることが明らかになっています。

 しかし、ストレスを回避するために、大量の食物を咀嚼しては肥満になってしまいますから注意しましょう。ストレスを回避するには一口の咀嚼回数を増やせば良いのです!食物を口の中に入れたら、30回は噛むようにして、健康とリラックス効果を得るようにしましょう!

参照:日本歯科医師会HPより

--------------------------------------------------------------------------------

涼を求めて旅する赤とんぼ!

 夕焼け小焼けの赤とんぼと、三木露風の童話の歌詞にあるように、秋になると、あちらこちらで赤とんぼを見かけるようになります。実は赤とんぼは、分類学的に特定の種類を指すものではありません。成熟するとお腹の赤くなるトンボの総称で、代表的なものはアキアカネです。

 アキアカネは、6月頃に平地や沼で羽化し、その後すぐに山へのぼります。そして夏の暑い間は涼しい山で過ごすのです。そして秋風が吹く頃になると山を下りてきて、産卵します。この頃には初めは黄色い身体もすっかり赤くなります。平地の気温が22度から26度位になると山へと移動を始め、山の温度が10度を下回るようになるとふもとに下りてくるようです。実にその移動距離は100キロを超えることもあるそうですから驚きですね!

 アキアカネの初見日は、東北や甲信地方では8月ですが、その他のところは9月に入ってからで、北陸や四国では9月中旬です。涼しくなると赤とんぼを見かけるのは偶然ではなく、赤とんぼが涼しい場所を求めて山から飛んできているのですね!

参照:社団法人農林技術情報協会HP

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

私ってドライマウス?

もしかして「私ってドライマウス」と思っている方、あるいは「少し声が枯れてきたみたい」と思っている方で、お口の中の粘膜に痛みがある方はいませんか。

だいぶ以前にNHK教育テレビで放映された「気になる口の乾燥 ドライマウス」(2008年3月19日放映)の中で、鶴見大学の中川先生(歯学部講師、当時)が、ドライマウスの症状で乾燥の次に多いのが、「痛み」であると説明されていました。そしてその原因は、中川先生によれば、何と、カビが関係しているとのことでした。

番組の中で中川先生は、

口の中の痛みに「カンジダ菌」という真菌がかかわっていることがわかってきました。カンジダ菌は、ふだんから口の中に存在する菌で、通常は特に問題はありません。しかし、ドライマウスで抗菌作用をもつだ液が減少して、カンジダ菌が増加すると、粘膜に炎症を起こして痛みが生じます、
と説明されています。

日常臨床では、原因不明の痛み、特に舌や粘膜の痛みを訴えて来院される患者さんがおられます。日本歯科医師会などでは、まずは歯医者さんに相談し、舌の状態を良く観察してもらい、炎症などがあれば軟膏やうがい薬を処方してもらうことを勧めています。

ただ開業医では粘膜の精密な検査などができないので、舌に大きな異常が見あたらない場合、大学病院などを紹介してより詳しい検査をお勧めする場合もあります。
この過程で、お口のなかのカンジダ菌により舌痛が起きていたことが分かり、お薬で治療することがあります。

カンジダ菌は誰もが持っている常在菌ですが、全身の病気や加齢に伴う免疫力が低下、喫煙や薬剤の長期服用の影響でだ液の分泌量が減り、口腔内が乾燥してカンジダ菌が増殖する場合があります。

ドライマウスは「痛み」だけではなく、口臭を生じたり、口腔乾燥による咀嚼力の低下、会話の不調などのQOL(Quality of Lifeの略。「生活の質」)の低下を招くとされているため、近年、ドライアイと同様に現代人を悩ます症状として社会的な関心が高まっています。

大手製薬会社ロート製薬の最近の調査では40%以上の人がドライマウスで不快な思いをしたことがあるとのことです。同社の研究では、魚類から抽出した「プロタミン分解ペプチド」というタンパク質がカンジダ菌を減少させることが臨床試験で確認されているとのことで、生体に優しい新商品の開発、商品化が進みそうです。

このプロタミン分解ペプチドと呼ばれるタンパク質は食品として広く使用されており、手軽に使える抗カンジダ菌作用タンパクとして期待されている。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

声の変化と口腔乾燥症を考える

「たけしの本当は怖い家庭の医学」で紹介された「本当は怖い声の変化」に関心のある方へ

2009年11月4日に放映された「たけしの本当は怖い家庭の医学」の「声帯を守る正しい行動チェック」では、テノールの貴公子と呼ばれる秋川雅史さんが、どうやって「声帯」を健康に保っているかという秘訣が紹介されていました。特に冬の時期、秋川さんが何より気を付けているのが乾燥対策だったそうです。

番組ホームページには、この乾燥対策について「レストランに入る時は空調の風がどちらに向いているかを調べた上で、席を決め、空気が乾燥しているホテルでは加湿器を入れてもらい、枕元に軽く絞った濡れタオルを置いたりする」などと書かれており、日常の様々な場面で細かく気をつけている様子がうかがえます。

番組に出演していた耳鼻科の医師は「起床時には声帯が乾燥しているので、いきなり声を出すと声帯に負担がかかる」と説明しています。起床時の口腔の乾燥は誰もが経験していますね。ただ、多くの場合は風邪や鼻づまりの時だけで、正常な状態では口腔内は起床時でもある程度は潤っています。

ところが口腔乾燥症あるいはドライマウスと呼ばれる状態では、起床時にいつも口腔内が乾燥しているので、当然声帯やのども乾燥しています。

多くの専門家が声帯の健康維持に最も重要なのは「乾燥対策」であると言っています。声帯は乾いていると、振動で傷ついてしまい、声が枯れてきます。そういうことを抑える意味でも、声帯の健康維持には口腔内の乾燥対策がもっとも重要なようです。

では、いつものようにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で「ドライマウスの原因」を調べてみると、

唾液の分泌低下には様々な原因があり、加齢、ストレス、唾液腺障害、食習慣、喫煙、全身疾患の症状、薬剤の副作用などがあげられるが、心身的な問題については歯科心身症に分類されるべきであるとの意見もある。


声が枯れて来た場合、まず耳鼻咽喉科にかかるのが普通だと思います。

しかし、最近ではドライマウスや口腔乾燥の自覚症状がある場合には、診断の中心的な役割を果たすのは口腔のスペシャリストである歯科医であると言われています。

日本歯科医師会のホームページに掲載されている「歯とお口のこのなら何でもわかる テーマパーク8020」によれば、

歯科医院では問診・触診のほか、口腔内診査や唾液量検査などを用いて複合する病因を特定していきます。次に糖尿病や更年期障害、薬の副作用など、複数の原因に対してさまざまな治療法を組み合わせ、その要素をひとつずつ取り除いていくことになります、とのことです。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

口内炎と医食同源について考える

「ためしてガッテン」で紹介された効果抜群の「1分でできる口内炎対策」を知りたい方へ

先日放映されたNHK「ためしてガッテン」のアンケートでは、口内炎経験者の半数以上の人が塗り薬などに「あまり効かない」と答えているそうです。番組ホームページには、この感想の背景に「口内炎に対する誤解」があると書かれており、予防にも治療にも効果抜群の「1 分でできる秘策」が明らかになったと書かれています。

その秘策とは「殺菌成分入りのうがい薬や洗口液を使ったブクブクうがい」だそうです。でも、「殺菌成分入りの洗口液ってけっこう高いかな」とか、「種類が多すぎて、どれを選んでいいかわからない」と思っている方へ、もっと手軽な方法がないかを調べてみました。

口内炎だけでなく、「薬選びに困った時には、漢方や医食同源で検索!!」が早道ですね。いつものようにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で「口内炎の原因」を調べてみると、

口内炎の多くを占めるアフタ性口内炎については、その発症の原因として以下のことが考えられている。偏食による鉄分やビタミンの不足、ストレスや睡眠不足、歯ブラシなどによる粘膜への刺激、誤って口内を噛む、唾液の不足、口腔の乾燥

と書かれています。

いろいろな原因があり、お口の乾燥(ドライマウス状態)も原因になりそうですね。
続いて同じく「医食同源」を調べてみると、

医食同源(いしょくどうげん)とは、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方、「医食同源」という言葉自体は中国の薬食同源思想から着想を得て、近年、日本で造語された。この言葉「医食同源」は発想の元になった中国へ逆輸入されている。

と書かれています。なるほど、なるほど、日本製中国語だったのですね。中国でも通用すると言うことなので、キーワードは「医食同源」と「漢方」で調べてみましょう。家庭中国漢方普及会というホームページで調べてみると、口内炎とドライマウスには「大根」と「柿」と「みかん」がいいようです。

20100126.gif


日の結論
口内炎になったら「大根おろし汁」でうがいをして、「柿」か「みかん」を食べる!!


参考文献:食物の性質と効能(家庭中国漢方普及会)

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

  • 診療時間
  • 自費診療と保険診療の違い
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院新聞
プロフィール

Author:山岡歯科医院
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。