スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯周病は人類史上最大の感染症

歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症とされ、ギネス世界記録にも載っているそうです。

歯周病は歯を失うだけでなく、心筋梗塞や糖尿病などの生活習慣病などを悪化させるなど、皆様の全身の健康状態に悪影響を与えます。厚生労働省の歯科疾患実態調査によると、歯周疾患に罹患している割合が、五十代の人で約半数に達しており、また高齢者の歯周疾患患者が増加していると言われています。


フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」で「歯周病(歯槽膿漏)という病気」を調べてみると、人類史上最も感染者数の多い感染症とされ、ギネス・ワールド・レコーズに載っているほどである。日本が「歯周病大国」と呼ばれているとの主張もありますが、一方では、この統計には8020運動の推進などにより、高齢者になっても残っている歯の本数が増加し、統計上は必然的に歯周疾患が増加しているという指摘もあります。

この病気は24~25歳頃から始まり、ゆっくり進行することが多いため、特に40大半ばからは進行が早くなり、歯がぐらぐらになって、抜歯や入れ歯となるケースが増えてきます。別名、サイレントディシーズ「静かな病気」とも呼ばれています。
なぜ歯周病(歯槽膿漏)という病気になるのでしょうか?実はこの病気は虫歯と同じ細菌感染症なのです。その細菌の固まりがプラーク(歯垢)です。ですからプラーク、あるいは歯石がついていないことが重要です。

太古の時代には人間は歯ブラシを持っていませんでしたので、理屈から言えば、プラークは健全な食生活で落とすことが出来ますが、歯石はブラシでは落とすことができません。そのため、歯石を取るためにはスケーラーという特殊な器具が必要で、この器具を使って歯科衛生士が歯石を取っていきます。

つまり、毎日きちんと大切なご自分の歯を磨いても、いつの間にか歯周病(歯槽膿漏)という病気にかかっている可能性があるということです。歯石は歯周病(歯槽膿漏)という病気を引き起こす原因と考えられがちですが、歯石が病気を起こすのではなく、プラークの増殖を助けるため、定期的に歯石を取らなくてはいけません。歯周病には、これらのプラーク以外にも「歯にかかる過大の力」「ストレス」「たばこ」「糖尿病」などの原因が複合的に関与しています。この中で最も大きな危険因子が喫煙ですので、歯周病対策には、まず禁煙が必要です。

「歯肉が腫れる」「歯肉から出血する」「口臭が気になる」「歯がグラグラする」などの歯周病特有の症状がなくとも、このような症状が現れる前に定期的に歯科医院で健康をチェックすることが大切です。

「症状が気になったら、すぐに歯科医院を受診してください」と言っている歯医者さんは予防に熱心でない場合が多く、あまりお勧めできません。ただ、予防に熱心でない先生方(比較的古い世代の先生方)は、案外と抜歯が得意だったりするので、大切なご自分の歯を抜いてもイイと思っている患者さんにはお勧めかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

歯周病治療の費用と健康保険

時々、「歯周病の治療は保険が利きますか」「歯石除去は保険適用外ですか?」などのご質問を頂くことがあります。


基本的に歯周治療はレーザー治療や特殊な薬を用いた治療を除いて、歯肉を切開して、頑固な歯石を取り除く、あるいは細菌に侵された骨の表面を健康な状態に戻す歯周外科手術に至るまで全て保険適応内となります。


もちろん歯周治療を自由診療で行っている先生方も大勢おられますが、最近の健康保険制度では歯石除去、歯垢・歯石の掻爬、歯周外科処置、病状が安定した後の定期的なメンテナンスまで保険が適応されます。原則としては保険医指定を受けている場合は、保険医療養担当規則という厳しい法律があり、保険適応の診療を拒否する事は出来ません。

一方では、その療養担当規則同様に、本来は自由裁量である医療行為を、歯石除去は何回まで、使える薬は○○と○○に限る、再発しても一定期間は再治療禁止などの事細かな規則があるのも事実です。そういう規制は患者さんのためにならず、それを理由に歯周治療を自由診療で行っている先生方がおられます。

例えば、一般的な歯周病治療歯は、口の中を上下に二分割して、さらに上顎・下顎を左右の奥歯と前歯の三つのブロックに分けて、合計六分画に分けて治療をします。

この治療は校正中立な立場から見ても、少なくとも一回1万円位が妥当と言うのが歯科医師の大半の意見です。ところが健康保険制度では、わずかに3千円位しか給付されません。この場合、患者さんの窓口負担は千円程度ですので、受診率の向上には役立っています。

もし窓口負担が毎回3千円~4千円だったら、「もうちょっと悪くなるまで我慢して、痛みが出たら歯医者に行こう」という患者さんが増えてしまいます。

そうは言っても、歯科医師の大半の意見が、少なくとも一回1万円位が妥当な治療が、保険医療養担当規則に従った場合は3千円では、良心的な先生方ほど歯周治療を自由診療で行いたくなる気持ちもご理解頂ければと思います。

これらの説明は、あくまでも一般論ですので、歯科医院や地域(都市部と地方)では異なる場合もあります。

実際にご自身が治療を受ける際には、よく説明を聞いてからご判断頂ければ幸いです。

また、「安いから」「高いから」という治療費だけで歯科医院を選択するのではなく、ご自身の健康増進のためのコストパフォーマンスを考慮して、最も適切な歯科医院をご選択頂ければと思います。

歯周病治療に限らず、治療費や治療方法の説明に時間をかけてくれる歯科医院をお勧めします。

歯周病のお話はこちらから⇒

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

酸蝕歯とは?

むし歯面が出す酸によって歯が溶けるのがむし歯です。
酸蝕(さんしょく)とは、酸性の食べ物や飲み物に歯が触れることで歯が溶けることをいいます。

どんな人でも日常的に酸の影響は受けていますが、唾液の力によってエナメル質が補修され、歯の健康が維持されているのです。

しかし、歯を守る鎧(よろい)の役割を果たしているエナメル質が酸に長く触れていると、唾液の補修力では間に合わず溶けはじめます。その酸蝕症によってエナメル質の下で守られている象牙賃が露出してしまい、症状が一気に悪化し治療をしなければならなくなります。そうなる前に酸蝕歯を予防しましょう。

予防法とは、

1.酸っぱいものを食べたら30分ほど歯磨きを控える。
2.酸性の飲食物を口にしたら、そのあとすぐ水やお茶を飲む。
3.フッ素入り歯磨き剤やジェルを使う。
4.柔らかい歯ブラシを使う。
5.口が渇いているときは酸性の飲み物を控える。

以上の5点に気をつけて酸蝕歯にならないよう努力しましょう。
image0805a.jpg

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

導入20年迎える消費税

「社会保障のため」というが・・・

消費税が導入されて今年で20年目を迎えていますが、政府は2011年度からのさらなる増税の方針を示しています。「福祉のため」といって導入した消費税ですが、いったいどのように使われたのでしょうか?

財務省・総務省の資料では、大企業などが納めた法人税、法人住民税、法人事業税の20年間の減収分が182兆円。消費税の増収分が213兆円なので、法人3税の減収の穴埋めに消費税がほぼ消えたことになります。

一方で、サラリーマンの医療費窓口負担は、消費税ができた1988年(89年実施)には1割でしたが、消費税が5%になった97年に2割こ、03年には3割になりました。
高齢者の医療費負担増、社会保険料の相次ぐ引き上げ、介護保険や後期高齢者医療制度の創設、国保料の値上げ、障害者の負担増など、軒並み国民の暮らしを圧迫しています(表)。

20年で国民の暮らしはどう変わった?

image0901.gif


政府財源がないので増税するといいますが、このような大企業への減税や、年間5兆円にもおよぶ軍事費など見直すべきお金はあるのではないでしょうか。政府には、暮らし・福祉・医療・教育のための財源の使い方を考えてもらいたいものです。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

縄文人もむし歯に悩まされていた?

日本人の遠い祖先とされる縄文人に果たしてむし歯はあったのでしょうか?発掘された縄文時代の人骨からわかるのは、昔から人間はむし歯に悩まされていたということです。とはいえ現代人のむし歯事情とはちょっと違い、歯と歯ぐきの境めあたりのむし歯が多かったことです。

jyoumon.gif


精錬食物を摂る現代人と違い、小石や砂利が混ざったものを摂り、一回の食事で約4000回も噛んでいた彼らですから、歯の噛みあわせの面は磨耗してむし歯になることもなかったのですね。縄文人のむし歯保有率は地域によって異なりますが多いところで50%以上、少ない地域でも約7%といわれます。
 ちなみにその時代の世界各地では、狩猟・採集中心の民族のむし歯保有率は約1.7%、狩猟・農耕中心の民族では約4.4%となっていますので、一般的にむし歯保有率の多さは食糧事情の豊かさを表す指標といわれていますので、縄文人は比較的食料に恵まれていた民族といえるでしょう。
 その理由としては、縄文時代は大陸からすでに稲作が伝わり、人間は原始的農耕を始め、土器で煮炊きをしていましたので、でんぷん質主体の食事をしていたと考えられます。
 でんぷん質は唾液の中の消化酵素アミラーゼで麦芽糖に変わり、麦芽糖はむし歯菌により酸に変わるため、その酸が歯を溶かしむし歯ができるのです。
 歯磨き習慣のなかった縄文人は、前述のようによく噛んでいたのですが、食べかすの残りやすい歯ぐき沿いのむし歯には悩まされていたのですね。
1回の食事で噛む回数は戦前では約1400回であったものが現在では約600回になったとの報告があります。噛む回数の減った現代人は、できるだけ噛む回数を増やす努力(一口30回噛み)とブラッシング・フロッシング(デンタルフロスによる歯と歯の間の歯垢除去に努めなければなりませんね。
 なお、昭和17年厚生労働省の調査によれば、日本人のむし歯保有率は90%以上という結果が出ていま
す。

(参考資料:(株)デアゴスティーニ・ジャパン発行週間古代文明ビジュアルファイル 94号)

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

歯っぴー通信2月号

お口の臭いが気になる季節!

1年でもっとも寒いといわれる2月。寒い季節は大勢で鍋料理を囲む機会も増え、お酒をたしなむ方なら熱燗も美味しい季節ですね。久々に会う友人や気の置けない仲間と美味しい料理を囲み、話に花が咲く。体の距離も心の距離もグッと縮まるそんな時に気になるのが、お口の臭い!

口臭の原因はさまざま考えられますが、ニンニクなど臭いの強い食べ物やお酒、タバコ。むし歯や歯周病が原因でおこる口臭や、起床時や空腹時、緊張した時に。だ液の分泌が減って細菌が増え口臭がおこることもあります。

口臭を予防するにはお口の中を清潔にし、むし歯を治療しておくことがいちばんですが、家庭でできる予防法もあります。毎日の歯磨きの後、舌の表面についた「舌苔」(ぜったい)と呼ばれる白っぽい汚れを歯ブラシでやさしく落とす。また、歯間ブラシで歯垢を除去することも予防に役立ちます。口臭予防効果のある成分が含まれた歯磨き粉や、外出時は口臭予防のマウスウォッシュやタブレットを利用する方も多いですね。

それでもお口の臭いが気になる場合や、むし歯や歯周病が原因と考えられる口臭の場合はぜひ歯科医院にご相談ください。自分に一番適した口臭予防、口臭ケア方法を一緒に見つけましょう。

参照:ライオン株式会社HP

--------------------------------------------------------------------------------

美味しく食べて「冷え」予防!

寒い朝に布団やベッドがら抜け出すのはちょっとした勇気が必要ですね。寒い季節に辛いのは体の「冷え」体が冷えることで筋肉や血管が収縮し、肩こりや頭痛、腰痛などの症状が現れることや、免疫力が低下してさまざまな病気を引き起こすこともあります。もっとも冷えやすいのは、心臓から一番遠い手や足。外出時には手袋や厚手のタイツ、靴下で身体を冷えから予防しましょう。

東洋医学では体を温める働きをする食べ物を「陽性食物」と呼びます。野菜類では、かぼちゃやニンジン、こぼう,こんにゃくなど。魚介類では赤身の魚やエビ、アナゴなどがあります。他に味噌や醤油、梅干し、たくあんなどの発酵食品や、生姜やネギ、ニンニク、自然塩も体を温める食品です。また、コーヒーは体を冷やしますが紅茶は体を温める作用があります。寒い時期だけでも食後のコーヒーを紅茶にかえて、さらに生姜をひとさじ加えてジンジャーティーを楽しむのもいいですね。

今夜はさっそく、かぼちゃやニンジン、玉ねぎを煮込んで、自然塩で味付けしたスープやポトフなどいかがでしょう?栄養と休養を十分摂って体力、抵抗力ともバッチリであれば風邪やインフルエンザにも感染しにくくなります。陽性食物を上手に組み合わせて、毎日の食事で体の中から「冷え」を追い出しましょう!

参照:味の素株式会社HP  中外製薬株式会社HP

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

オーラルケア商品だけで歯周病は改善しますか

どうしても歯医者に通う時間のない方や歯医者嫌いの方々に、洗口剤やオーラルケア商品の歯周病改善効果についてご説明します。

時々患者さんから歯周病予防のオーラルケア商品や洗口剤だけで歯周病は治りますか、と聞かれることがあります。その中でも、ちょっと返答に困るのが、「歯周病予防を謳っているものと、歯周病の症状を改善するものは違いがありますか、どっちが良いですか」というご質問です。

結論から言いますと、歯周病の程度にもよりますが、改善効果は現れますが予防とか改善という言葉とは少し違います。たしかに「改善」には違いないのですが、患者さんが求めている「改善」と、これらの商品によってもたらされる「改善」には差があるようです。

一般的には歯肉炎や歯周病と総称されていますが、極初期の歯肉炎から、グラグラで、今にも歯が抜けそうな重症の歯周病までいろいろで、歯周病の予防を謳い文句にしている商品で「改善」が可能なのは歯肉炎から初期の歯周病位までと考えていいでしょう。

一般的にこういった商品の効能は、殺菌作用やバイオフィルムと呼ばれる最近の固まった薄い膜を柔らかくしたり、弱めたりすることが目的です。

そして、これらの弱った細菌やバイオフィルムは、機械的に歯ブラシや超音波ブラシなどでこすり取らなければ意味がありません。

まず、歯科医院でちゃんと診断を受け、毎日の歯ブラシの補助的にもこういった商品の使用をお勧めします。

また、ご自分で歯垢(プラーク)の検知腋を使って、じっさいに細菌のこびりついている部分を染め出したりすることも大切です。軽度のものも含めると、30代の日本人の80%以上が歯周病と言われていますが、それだけ十分な口腔内ケアができていないということの証明でもあります。きれい好きな日本人ですから、オーラルケア商品は良く売れているのですが、この結果を見ると「改善」の程度はけっして高くないようですね。

そうはいっても、やはり「何とか歯医者さんに行かずに、自力で予防をしたい」という人には、イソジンうがい薬などのヨード入りの含嗽剤とウォーターピックの併用や、フッ素入り歯磨きと超音波ブラシの併用などもお勧めの方法です。

逆に、歯磨き剤の多用は刷掃時間が短くなる傾向がありますので、ごく少量の使用をお勧めします。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

妊娠中でも歯周病の治療は可能でしょうか

妊婦さんの歯科治療は「安定期がいい」とよく言われますが、それは虫歯でも歯周病でも同様です。

時々患者さんから「妊娠○○か月ですが、以前から歯周病と言われていたので、この際、きちんと治療をしたいのですが」とか、「妊婦検診で歯周病と言われましたが、治療可能でしょうか。」などのご質問を頂きますが、場合によっては治療が難しい場合もあり、お答えに困ることがあります。

妊婦だからと言って歯科治療が出来ないと言うことはありません。「子供にカルシウムを取られた」などと言われるように、妊娠から子育ての時期に口腔内の状態を悪くする患者さんが大勢おられます。
また、つわりの時期で歯磨きも難儀くなったり、唾液の量が減って自浄作用が低下したりして、お口の中の環境はけっして良いモノではありません。

ただ残念ながら、中には虫歯も歯周病もかなり悪くなるまで放置していて、何を思ったのか「このさい、徹底的に治したい」とおっしゃって来院される患者さんもおられます。もちろん、その心がけは良いのですが、「出来れば、もっと以前に来て欲しかったなあ」という患者さんが少なくないのも事実です。

ある程度本格的な治療になりますと、レントゲン撮影や投薬が必要になりますし、治療の刺激もけっして小さいものではありません。一般的に安定期に入ってからの治療がいいと言うのは、つわりも落ち着き、身体を動かしても差し支えないという意味であって、どんな歯科治療でも可能という意味ではありません。

一方では、状態にもよりますが、歯周病は早産に影響するという報告もありますので注意が必要です。

>歯周病の妊婦は早産・低体重児出産のリスク
>2005年03月22日
>歯周病にかかっている妊婦が出産すると、早産になって低体重児
>となるリスクが高まることが、日本人を対象にした疫学調査で分
>かった。これは、今年2月に東京で行われたライオン主催の健康セ
>ミナーで、北海道医療大学歯学部教授の古市保志氏が報告した
>切迫早産の妊婦では歯周病菌が4.5倍も
>日経BPネットより引用

http://www.nikkeibp.co.jp/archives/365/365940.html

歯周病・虫歯の治療は、基本的に妊娠中控えるべきものではありませんが、麻酔やレントゲン撮影、投薬などで避けるべきものもありますので、結婚前からの定期検診やかかりつけ歯科医をもつことを強くお勧めします。

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

  • 診療時間
  • 自費診療と保険診療の違い
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院新聞
プロフィール

山岡歯科医院

Author:山岡歯科医院
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。