スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯っぴい通信 7月号

人間の身体でもっとも硬いのはどこ?  
   ~鉄より硬い、でも弱点が…~

人間の身体には様々な組織がありますが、その中でももっとも硬い組織は、歯の表面を覆っている、「エナメル質」と呼ばれる部分です。

では、この「エナメル質」とはいったいどれくらいの硬さなのでしょうか?モノの硬さを測るのに、「モース硬度」と呼ばれる傷のつきにくさを表す単位があります。そこで、皆さんの身近にある硬いものを「モース硬度」順に並べてみると、このようになります。

3.jpg

実は「エナメル質」は鉄やガラスよりも硬いんですね。これだけの強さがあるからこそ、硬い食べ物でも、簡単には歯がボロボロになったりしないわけです。

しかし、このように傷のつきにくい「エナメル質」ですが、めっぽう弱いものがあります。それはお口の中にいる「ミュータンス菌」が発生する「酸」です。「ミュータンス菌」は食べ物に含まれる「糖分」を使って「酸」を作ります。歯はこの「酸」にとても弱く、ものの数分で溶かされはじめます。これを「脱灰(だっかい)」といいます。

ただ、歯は「酸」によって溶かされても、唾液という強い味方のおかげで、再びもとに戻ります(再石灰化)。ただし、あまりに「脱灰」ばかりが進むと、溶けた歯は元に戻れなくなります。実は、こうして戻れなくなった状態が「むし歯」なんですね。


どんなに硬い歯でも、それを維持するには日頃のケアが大切。脱灰ばかりが進まないよう間食はできるだ
け控え、毎食後にしっかりブラッシングしましょうね!

スポンサーサイト

歯っぴい通信 6月号

むし歯はがまんすると治っちゃう?!

「むし歯を我慢していたら痛みがなくなった!」

ごくたまにこういった話を聞きますが、いったいどういうことなのでしょうか?

まず皆さんにわかっていただきたいのは、「むし歯は決して自然には治癒しない」ということです。では、なぜ痛みが引いてしまうことがあるのでしょうか?皆さんは「歯の神経」という言葉を聞いたことがあると思いますが、この神経は左の図のようにエナメル質、象牙質といった、「感覚のない」歯質で覆われています。つまり、むし歯で歯が激しく痛むというのは、むし歯菌がこうした歯質を溶かし、神経まで到達してしまった状態です。
1_20130721191746.jpg


では、これをほうっておくとどうなるでしょうか?神経がむし歯菌に侵されると、はじめは激しい痛みを感じます。しかし、それでも放置すると、やがて神経が死んでしまい、痛みを感じなくなってしまうのです。

しかし、これは決してむし歯が治ったわけではありません。神経が死んでしまい痛みを感じなくなっただけで、むし歯菌が歯を溶かし続けていることに変わりはありません。つまり、放置し続けるとやがては歯がボロボロになり、写真のようにまったく使い物にならなくなってしまいます。

2_20130721191748.jpg

むし歯になったら放置しない!!ちょっとでも「しみるかな?」と思ったら、歯を守るためにも早めに来院してくださいね!

  • 診療時間
  • 自費診療と保険診療の違い
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院新聞
プロフィール

山岡歯科医院

Author:山岡歯科医院
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。