FC2ブログ

歯っぴー通信11月号

嚥下とツバメとヤクルト!?

 嚥下(エンゲ)という言葉をご存じでしょうか?歯科でよく用いられる用語で、口の中のものを飲み込むことをいいます。難しい言葉ですが、嚥下という漢字をよく見ると意味を理解していただけるのではないでしょうか。口編に燕(ツバメ)と書きます。嚥下という漢字の由来は、ツバメのひながエサを丸呑みする様子から作られたそうです。
 ちなみに、英語で同じく飲み込むことを意味する単語はSWALLOWです。ここでプロ野球ファンの方は、東京ヤクルトスワローズのSWALLOWと同じだと思われたのではないでしょうか。ヤクルトスワローズのマスコットはツバメをモチーフにしたつば九朗です!ということは、「漢字でも英語でも飲み込むの語源はツバメ?」と思ってしまいがちですが、残念ながらちがうようです・・・英語の語源は、古英語のswelgan、そしてツバメの語源は古英語のswealweとなり、語源が異なります。しかし、漢字同様、英語でもツバメを意味するSWALLOWと同じ表記というのは偶然とは思えないものがありますよね?嚥下という難しい用語もツバメをキーワードに覚えていただけたのではないでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------------

一種類の茶葉が生み出すお茶の味

 紅茶の日をご存じでしょうか?11月1日が「紅茶の日」にあたります。18世紀、江戸に荷物を運ぶ途中で遭難し、ロシアに漂着した船乗りの大黒屋光太夫が、皇帝カテリーナ2世のお茶会に日本人として初めて招かれ、紅茶を飲んだことに由来します!17世紀にお茶がヨーロッパにもたらされたことで、18世紀のヨーロッパの貴族社会には喫茶ブームが起こってしまいました。
 紅茶というと、ヨーロッパのイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、紅茶は中国のお茶に由来します。中国では有史以前より、「不老長寿の霊薬」としてお茶を珍重していたそうです。その名の名残なのか、イギリスで最初にお茶が売られた際も、「万病に効く東洋の秘薬」として売り出されました。ご存じの方もいらっしゃると思いますが、紅茶もウーロン茶も緑茶も、原料である茶葉は、ツバキ属の常緑樹であるカメリア・シネンシスの一種類の葉のみです!たった一種類の茶葉でも、製造過程の酸化や発酵の程度によって、お茶の味わいが変わります。酸化発酵茶が紅茶、半酸化発酵茶がウーロン茶、不酸化発酵茶が緑茶です。紅茶はもっとも発酵させているため、褐色色となり、特有の芳香が生まれます。同じ茶葉でも製造過程で味わいが異なるなんて、お茶とは実に奥深い飲み物ですよね!

(参照:日本紅茶協会ホームページ)
スポンサーサイト



テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【歯っぴー通信11月号】

嚥下とツバメとヤクルト!?嚥下(エンゲ)という言葉をご存じでしょうか?歯科でよく用いられる用語での中のものを飲み込むことをいいます。難しい言葉ですが、嚥下という漢字をよ...

コメントの投稿

非公開コメント

  • 診療時間
  • 自費診療と保険診療の違い
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院新聞
プロフィール

山岡歯科医院

Author:山岡歯科医院
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR