FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どものむし歯の特徴

imgae_10a.gif

「進行が早い」というのが何といっても子どものむし歯の特徴です。一概に言えませんが、お子さんによっては信じられないぐらいのスピードでむし歯が進行することがあります。もちろん、むし歯のない子や、適切な処置・予防で進行の遅い子もいますが…。特に6歳ぐらいまでは十分に気をつけなくてはいけません。

20120210b.gif


もう一つの特徴は、「年齢によってむし歯のできやすい場所がある」ことです。1~2歳にかけては「上の前歯」、2~3歳は「奥歯の噛み合わせの溝」、4歳頃は「一番奥とその手前との間」、6歳前後は「生えたばかりの奥歯(第一大臼歯または6歳臼歯という)の溝」が、むし歯になりやすくなっています。

年齢に対応したむし歯になりやすい場所を知っておくことは、むし歯を予防する上でとても大切です。特に、歯と歯の間の歯垢はフロス(糸ようじ)でないと取ることができません。
幼児にも使えるホルダー付きのフロスもありますので、歯科医や歯科衛生士に使い方をぜひ教えてもらってください。
スポンサーサイト

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

  • 診療時間
  • 自費診療と保険診療の違い
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院新聞
プロフィール

山岡歯科医院

Author:山岡歯科医院
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。