スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラークが引き起こすこわ~い病気

ただの食べかすだと思っていませんか
むし歯・歯周病から肺炎や命の危険まで!!

歯磨きの前に、歯の表面を爪の先で軽くこすってみてください。そうしてとれた白いネバネバ、これが「プラーク」です。「歯垢(しこう)」とも呼ばれ、こちらのほうが馴染み深い方もいらっしゃるかもしれませんね。プラーク、ただの食べかすかと思いきや実は大量に繁殖した細菌の塊です。その数なんと、1mgに10億個!先ほど爪先にとれたプラークの中には、数10億の細菌が生息していることになります…。そしてこの細菌が、実はさまざまな病気の原因となっています。

saikin.jpg

歯を溶かす… 骨を溶かす…
口腔内の細菌が引き起こす病気で代表的なのが、皆さんもご存知の「むし歯」と「歯周病」。細菌が作り出す酸が歯の表面を溶かすのがむし歯。歯と歯ぐきの隙間に細菌が入り込み、歯ぐきを炎症させ、最後には歯を支える骨まで溶かしてしまうのが歯周病です。

お年寄りは要注意!
また、この号のドライマウスの解説にもあるように、細菌が誤って肺に入ってしまうと、「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」を引き起こすことがあります。体力のないお年寄りの場合には生死に関わることもありますので、十分な注意が必要です。

細菌が口の血管から全身へ
さらに、歯周病になると歯ぐきが炎症を起こして出血する可能性が非常に高まります。実は、出血した血管から細菌が入り込むことによって全身に深刻な影響を及ぼすことがあります。糖尿病の悪化、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、早産、低体重児出産など…、思いもよらない症状と関係しているのです。

細菌が繁殖する前に!
「1日3回歯磨きを」とよくいわれます。細菌が繁殖するにはおよそ8時間。1日3回しっかり磨いていれば、大量に細菌が増えてしまうこともありません。お口のケアは体全体を守ることにつながりますので、改めてしっかり取り組んでみてはいかがでしょうか?

zennsin.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 診療時間
  • 自費診療と保険診療の違い
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院新聞
プロフィール

山岡歯科医院

Author:山岡歯科医院
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。