FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライマウスへの対応法/唾液腺・口腔粘膜マッサージ

唾液腺・口腔粘膜マッサージは、大阪大学歯学部付属病院のドライマウス外来で積極的に取り入れている、私たちの実践から生みだした方法です。唾液腺・口腔粘膜マッサージを続け、直接唾液腺を刺激すると、重度のドライマウスの方であっても、唾液分泌を再開し、自覚症状が軽減することを数多く経験しています。

唾液腺マッサージについては、いろいろな方法が紹介されていますが、頬や顎、首のあたりを刺激するものがほとんどです。しかし、解剖的な知識をもたずに下顎腺周辺の頸部をむやみに押さえるのは、脳梗塞などを誘発する恐れもあり、おすすめできません。なぜなら、頸動脈プラークの蓄積度から脳梗塞発症を予知できることが示されているからです。特に脳血栓管害後の要介護者の顎下腺マッサージには注意が必要です。
そのため、比較的安心で、軽い刺激でも反応する唾液腺・口腔粘膜マッサージをおすすめしたいのです。



唾液腺・口腔粘膜マッサージには、特別な技術も器具もいりません。

ただ、少しだけ口の中についてその構造を理解していただきたいのです。そして、手のひらと指を使い、正しく唾液腺を刺激して、活性化を試みてください。

ドライマウスで辛い思いをされている方、要介護の方だけでなく、Lesson3はご自分のお口を美しくきれいに健康に保ちたいと思われる方々にもおすすめです。というのは、女性週刊誌などにシワをとる方法として口輪筋を刺激することの効用が書かれていますが、それと考え方は同じだからです。口輪筋を加えると、口唇から周囲にかけての筋肉が鍛えられ、ボリュームが増えるので、小鼻から口角に向かって走るシワである鼻唇溝(いわゆる豊齢線)が浅くなり、若々しい顔つきになることが期待できるのです。

筋肉を鍛えて、唾液を出して、若返る……一石二鳥だと思いませんか?

また アナウンサーや声優さんが患者さんで来られたときにも同じ方法を指導したところ、リップノイズ(唇から発する雑音)の治療と予防にも効果があったそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

  • 診療時間
  • 自費診療と保険診療の違い
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院新聞
プロフィール

山岡歯科医院

Author:山岡歯科医院
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。