FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唾液はどこから出るの?

まず、マッサージをする前に、どこから唾液が出るかを学んでください。そうすれば、効果的にマッサージすることが、意外に簡単なことがわかると思います。

唾液腺には、耳下腺、下顎腺、舌下腺という大唾液腺と口腔内の粘膜下に多数の小唾液腺が存在します。唾液は腺房と呼ばれるブドウの房のような形をした部分で作られ、導管を通って分泌されます。大唾液腺も小唾液腺も、その基本的な構造は同じであり、多数の小さな導管と腺房からなる枝分かれ構造となっています。

●大唾液腺

最大の唾液腺である耳下腺は漿液腺であり、いわゆるサラサラの唾液を分泌します。図のように頬部に存在し、上の奥歯(第二大臼歯)付近の頬粘膜にある耳下腺乳頭というところに出口があります。

顎下腺は、漿液腺と粘液腺(ネバネバとした唾液)の混合腺で、少し粘度のある唾液を分泌します。顎の下に存在し、ワルトン管という管を通して、舌の下の小さいふくらみである舌下小丘に出口があります。

舌下腺も顎下腺と同様に混合腺で、粘度のある唾液を分泌し、舌の下にあって、舌下小丘とその付近の舌下ヒダに出口があります。

20110709c.jpg20110709d.jpg


●小唾液腺

小唾液腺は口腔内に広く分布し、それぞれの腺の上の粘膜から分泌しています。

部位別に代表的な名称があります。たとえば口唇腺は口唇の粘膜に唾液の出口があり、口唇をめくってみると分泌した水滴状の唾液が見えることがあります。頬腺は頬粘膜にあります。口蓋腺は口蓋の粘膜にあります。

前舌腺は舌尖の下にあります。エブネル腺は舌にあるブツブツとした有郭乳頭を取り巻く溝と、葉状乳頭の間にあります。

菌と歯肉以外の粘膜のいたるところに、小さな唾液腺が存在しています。
スポンサーサイト

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

  • 診療時間
  • 自費診療と保険診療の違い
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院新聞
プロフィール

山岡歯科医院

Author:山岡歯科医院
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。